• 心不全にならないよう降圧剤で治療し副作用に注意

    2016年6月24日

    降圧は血圧を下げることで、血圧を下げるために飲む薬のことを降圧剤と言います。 病院で血圧を測った時に収縮期血圧が140mmHg、拡張期血圧が90mmHg以上が高血圧だという定義がされていますが、実際に高血圧の治療のために降圧剤を使うかどうかは、医師がそれぞれの患者さんの年齢や体調などから総合的に判断...

    記事の続きを読む